下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2012年07月26日 (木) | 編集 |
こんばんは、ジュジュのママです。

毎日、暑い日が続きますが、
我家の猫さま達、節電の夏に協力したいのか、
エアコンが嫌いみたいです。

P1210885.jpg
こんな感じで昼間はダレダレなのに、
エアコンを付けたら、みな別の部屋に移動してしまった・・・・

部屋には日が射さず、風が抜けるので、大丈夫そうですが・・・・。


P1210878.jpg
最近から、ブログを見て下さっている方に、
下半身が麻痺しているジュジュについて、書かせて下さい。


P1210865.jpg
ジュジュは生後4ヶ月頃、車に轢かれたと思います。

私が保護した時は、すでに事故後数日たっており、
下半身を引きずりながら、お外で必死に生きようと頑張っていました。

骨盤を骨折、脊椎は見事にズレていて神経は切断されています。

上半身と下半身を分ける横隔膜も破れているので、
下半身の臓器が上半身にあり、

レントゲンを見ると、肺の横に腸があり、呼吸を圧迫しています。


P1210773.jpg
下半身が麻痺しているので、自分で排泄は出来ません。

毎日2回から4回、私が膀胱を圧迫し、オシッコを搾り出し、
腸にあるウンP-を肛門方向に送り、出してあげる必要があります。

『圧迫排尿』と言いますが、これが慣れるまで大変で、
正直、気が狂いそうになる時期もありました。

でも、コツと慣れで、
飼い主さんなら出来るようになると思います。
(獣医さんの指導が必要です!!)


P1210039.jpg
もちろん、高いところには登れません。

腰から下は、完全に麻痺しているので、
飛んだり、4つの足で立つ事は出来ませんが、

上半身の筋肉が鍛えられ、前足で歩く事も、
超高速で走る事も出来ます。


深夜の運動会では、驚く速さで走るし、
25センチくらいの段差なら、前足の力で登ります


P1210850.jpg
今のジュジュは、ハンディキャップを悲しいと思っていません。(たぶん・・・)

太郎たちと同等に遊ぼうとしますし、
ジュジュから、遊びでケンカを仕掛けたりします。

ジュジュは、人間の介助がないと生きていけませんが、

決して、死にたいとか、猫生を諦めた生き方をしていません。

ジュジュは、毎日を楽しく生き、
前を向いて普通に暮していると思います。



P1210873.jpg
何を伝えたいかと言うと・・・・・、

もし、今、大事な家族である猫さん、ワンコさんが、
病気や、不慮の事故で、下半身の機能を失ったとしても、

事故や病状により、症状が違うので、一概に言えませんが、
すぐに、安楽死の選択をしないで欲しいです。

下半身麻痺≠安楽死

ジュジュは事故にあってから、来月で2年になります。


P1210880.jpg
この2年の間には、大変な時も、いっぱいありました。

そして、お金も、え~~~、けっこう、
諭吉さまが目の前を、素通りされました。

排泄の為、旅行どころか、長時間の外出も無理になりました。

でも、ジュジュと暮せて、私は楽しいです

それに、ブログを書くようになって、知った事ですが、

思ったより多くの下半身麻痺の猫さん、ワンコさんが、
楽しく暮していますよ



今日のレオさま
IMG_0524.jpg
レオさま、ひんやりシートがお気にいりのようで、
使わなかったサークルに敷いたら、自分から入って寝たそうです

間違えました、『ひんやりプレート』でした。

レオさま、ピカピカの笑顔が素敵です



お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

じゃあ、またね!!

コメント
この記事へのコメント
そうだよねっ!みんな同じいきものなんだ。
いのちが、あるんだ。いきているんだ。
心も、感情だってあるんだよ。

もし、自分が、夫、妻、子供、父母がそうなったらと、置き換えてみよう。
安易な選択は、しないはず・・・・。

ものじゃないよ、血がながれているんだよ。

思い出してよ、はじめてあった日のことを・・・。
2012/07/27(Fri) 08:57 | URL  | びっぐまむ #-[ 編集]
ジュジュちゃんこと、あらためて知ると
本当に生命力の強い子だなって思います。
動物って強いですよね。

人間ってとてつもないダメージをうけたときに、
「死んでしまいたい・・・」なんて、思ったりしますよね。
(しないかな^^;)
でも動物って、生き抜く事、本能のままに
全力を注いでる。

毎日2~4回の圧迫排尿、本当にお疲れさまです。
誰にでも出来る事じゃないと思っています。
医療費の負担も、相当なものだと思います。
あらためて、、、私もママさんのように、
家の仔を守りたいと思います^^

ジュジュちゃん、お写真から見ても、
とても幸せそうに見えます^^
ママさんとパパさんの愛情、しっかり伝わってるんでしょうね。
2012/07/27(Fri) 10:37 | URL  | れおすけ #-[ 編集]
はじめまして。ブログは以前より読ませていただいていました。

私が手伝っていた宮崎の愛護団体がやっている猫カフェ「猫ものがたり」にも半身不随の猫リヒトくんがいます。
圧迫排尿するとたまに噛むけど憎めないおもしろい子です♪
リヒトの圧迫排尿はボラが交代でやっていますが、個人のお家だとずっと見ないといけないから大変な時もあると思います。
でも縁あって来たかわいい子ですもんね^^
2012/07/27(Fri) 10:56 | URL  | つちねこ #-[ 編集]
本当にそうですね。
下半身麻痺でも家族の支えがあれば伸び伸び自由に暮らせます。
我が家のニコも、実に楽しそうです(笑)おもちゃを追いかけてジャンプするのはやめてもらいたいけど、本当に自分の身体の動く限り、最大限に楽しんでる感じです。
ハンデは個性!
ビビりのポッケより、
ママのお乳をちゃんと飲めずに免疫力が低くて身体が弱い福より、
ニコは元気ですから。
私はニコの介護をすると決めたとき、出掛けられなくなるということは、これは自宅で何か新しいことを始める予兆だな、と思いました。
それが野良猫の保護だったみたいです(笑)
今の毎日は、ニコがきっかけをくれました。ニコがくれたチャンス、存分に活かさなければね!
2012/07/27(Fri) 12:52 | URL  | いと #P0vgGwAM[ 編集]
お世話をする方は大変でしょうが安楽死は思いとどまってほしいです。
我家の2歳になる女の子は安楽死してほしいと病院に持ち込まれた子です。
病気や怪我ではなく予定外で生まれたからというのが理由のようですが・・・

この世に生まれ出た命はその子の寿命が来るまで守っていきたいですよね。

レオ君、もう何年も前から家族の一員だったみたい。お顔は変るもんですね^^
2012/07/27(Fri) 14:39 | URL  | まるまま #-[ 編集]
ペットの圧迫排尿をしている方が
世の中には 結構いらして…(@_@;)正直 かなり驚きました(゜o゜)

と同時に 事故に遭い 麻痺しながらノラ猫を続けている子達は
どんな壮絶な日々を過ごしているのか…
考えると 気が狂いそうになる…

車を運転する人は
もちろん 私も含めて~
時間に ゆとりを持って走行しないとダメですね…
いつ何どき 猫 子供が飛び出しても止まれるくらいの余裕の走りをネッv-231

私は19才の時 覆面パトカーと事故をおこして以来
無事故~v-221動物をひいたこともありません
2012/07/27(Fri) 15:29 | URL  | なこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
びっぐまむ さま

ワンコさん、猫さん、ほんと心も感情もあります。
けっして、物ではないのに・・・・。

人間の都合や、人間の好き勝手で、
運命を変えられるなんて理不尽すぎますよね!

無視・・・・、これほど辛い事はないと思います。
もし、自分が学校や会社や近所で無視されたら、
どんな思いをするか、考えて欲しいですね。

そして、家族に迎え入れた時の気持ちを、忘れないで欲しい。

これからも、訴えていこうと思います。
2012/07/27(Fri) 21:18 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
れおすけ さま

ありがとうございます。

>「でも動物って、生き抜く事、本能のままに 全力を注いでる。」
そうなんですよね!!

どんなに怪我をしても、病気で苦しんでいても、必死で生きようとする生命力、
そんな仔達を、人間の勝手で、葬らないで欲しいと願っています。
2012/07/27(Fri) 21:23 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
つちねこ さま

はじめまして、コメントありがとうございます。

圧迫排尿が出来るボラさんが、何人かいるって、心強いですね!!
我家は、私しか出来ないので、大変な時もありましたが、
今は、それが日常なので、普通になりました^^

縁があって家族に迎えたので、『エリカ様』よりワガママでも、
可愛いです!!
2012/07/27(Fri) 21:30 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
いと さま

ハンデは個性!!
私もそう思います。

ハンデがある猫さんが、普通に楽しく暮らせる事を、もっと知ってもらいですね。
慣れるまでには色々あるけど、それが、すごい事でも、大変な事でもなく、
普通の事だと知って欲しいと思っています。

いとさんには、予兆があったんですね。
私は気が付いたら、保護活動をしてた感じで、
ジュジュを保護した時は、何も感じてなかったかな・・・・?

でも、ジュジュがくれた活動なので、頑張ります!!
2012/07/27(Fri) 21:38 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まるまま さま

予定外で生まれたから、安楽死・・・・。
まあ、保健所に持ち込むよりは、マシなんでしょうが、
ウ~~~ン!!って、感じですね。

まるまま さん、その仔を家族に迎えてくれて、ありがとうございます。
安楽死をしなかった、獣医さんも、ありがとうございます。
2012/07/27(Fri) 21:43 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
なこ さま

圧迫排尿の経験者が多くて、私も正直、ビックリしました。

ジュジュが事故後、保護するまでの間、どんな思いをしながら、
頑張っていたかと思うと・・・、辛くなります。

車を運転していた方が、少し気をつけてくれていたら・・・・、
ジュジュはこんな体にならなかったと思います。

皆さん、ゆとりを持って運転して下さいね。
2012/07/27(Fri) 21:48 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
こんばんは。ご無沙汰しています。
我が家にはエアコンがないのでエアコンのことはわかりませんが、我が家のおねこさまは、扇風機の風が嫌いなようで、扇風機を付けるとどこかに行ってしまいます。暑くても、自然な風が一番いいみたいです。
ジュジュちゃん、ハンデを感じさせない生き生きしたお顔をしていますね。ママさん、パパさんの愛情の賜ものだと思います。
レオさまも表情が明るくなりましたね。エロじいさんからダンディなわんこさんに変身しました!
2012/07/27(Fri) 23:23 | URL  | Eberbach家の執事 #-[ 編集]
いつも、あたたかい読ませていただくと、暖かい気持ちになります。

レオ様もすごく幸せそうで、お顔が微笑んでいるように感じます。

ジュジュちゃんのこと、今日初めて知りました。下半身不随とは、わかっていましたが、ジュジュママさんもジュジュちゃんも、とっても前向きで明るくて、勇気をいただきました。

ジュジュちゃん、えらいな。

車の運転、気をつけなくちゃと、あらためて思いました。

暑い夏、エアコン無しで?がんばって乗りきりましょう!

2012/07/28(Sat) 00:09 | URL  | るる #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Eberbach家の執事  さま

ご無沙汰しております!

我家の猫さん、去年の夏はエアコンが好きだったのに、
今年は扇風機もエアコンもダメです。
節電に芽生えたのか・・・?
2012/07/28(Sat) 01:26 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
るる さま

ありがとうございます。

私もジュジュには、たくさんの勇気と元気と、前向きな気持ちを貰いました。
ジュジュが教えてくれた事も、沢山ありますよ!!

暑い夏、自然の風で頑張ります。

2012/07/28(Sat) 01:30 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
家の愛猫 まぁーちゃんもジュジュちゃんと全く同じ状態です。
まだ事故から2日でお腹のオペも左脚の断脚もこれからです。
右脚が動いてくれるのを今でも願っているのですが仙骨がぱっくり
割れているので麻痺のままだろう との診断で安楽死の話をされました。ジュジュちゃんを観て すごく勇気と希望を貰い 「泣いてられへん!」と今はとても前向きに考えられて、彼女が少しでも快適に過ごせる様にと…長々 書きましたが…感謝の気持ちでいっぱいです!
ありがとうございます。
2013/12/10(Tue) 16:17 | URL  | 理恵 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
理恵 さま

まぁーちゃん、頑張れ!!
そして、理恵さんも頑張れ!!

猫さんは生きたいと前向きです。
ジュジュも安楽死の話はありましたが、ハンデを受け入れ、ご機嫌で暮らしています。

しばらくは、大変な事も多いと思いますが、頑張って下さい。
辛い事があれば、遠慮なくここで泣き言を言ったり、愚痴って下さいね。
吐き出すだけで、心が楽になる事もありますよ。
2013/12/11(Wed) 00:50 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
安楽死せざるを得ない家庭もあります。
貴方方からすれば私達は悪者なのでしょうが。
2017/01/10(Tue) 00:52 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック