下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2012年03月08日 (木) | 編集 |
こんばんは、ジュジュのママです。

今日は、高齢者さんと猫さんについて、ちょっと真面目に書きます。
(我家の猫さんの写真と、内容は関係ありません。すみません。)
P1150802.jpg
もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、
猫カフェさんが、緊急で里親さまを募集しています。

マイケルさんのブログ←クリックして下さい。

P1160110.jpg
猫カフェさんで、保護している猫さんではありません。
昔、お世話になった方が、大切に室内で飼われています。

80代のご夫婦にとって、猫さんは子供であり、孫であり、
可愛くて、愛おしくて、淋しさや孤独感を癒してくれたと思います。


P1160118.jpg
健康な時には、猫さんの行く末など心配もせず、楽しく暮せましたが、
やはり年齢が年齢だけあって、ご夫婦共に、大病を患ってしまいました。

ご自分の体の心配と、「この猫さん達の行く末は、どうなるの?」と、
ダブルの心配に悩まされる結果に・・・・。

P1150939.jpg
猫カフェさんは、保護依頼も里親募集の代行も一切されておりません。
今回は、お世話になった方からの相談であったのと、
里親募集を出来る状況にないので、ネットでの里親募集を代行されました。

残念ながら、高齢者の方は、保健所への持ち込みも視野に入れられており、
猫さんが可哀想で、今回のみ特別に手伝われているのを、ご理解くださいませ。

猫カフェさんは、里親募集の経緯をブログに書かれておりませんが、
色々悩まれ、猫さんを助けたい一心で、行動に出てしまいました。
そんな健気な猫カフェさんの里親探しを応援して下さいね。

P1160100.jpg
元気な時は考えもしなかった事が起こり、保健所に大切な家族であった
愛犬・愛猫を持ち込む高齢者の方が、とても多いです。

高齢の方が飼えなくなった犬や猫さんを受け入れる体制が、
今の日本では整っておりません。

人間の体の衰えは、大切な家族を「苦しませて、窒息死させてください!!」と
保健所に持ち込めるまで、判断力を狂わせてしまいます。

保健所は、けっして安楽死ではありません。

P1150507.jpg
現在、猫さんは20年生きると考えて、飼い始めて欲しいです。

高齢者の方だけではなく、若い方であっても、何かあった時に
大切な家族をどうするか、少し考えていただければ幸いです。

今回、里親募集の猫さんです。
m38.jpg
3歳のメス猫さん、美猫です。

m39.jpg
2歳のオス猫さん、太郎に似た感じかな?

今は、まだ高齢者の方がお世話できていますが、入院になった場合、
緊急、拡散希望で呼びかけも必要になります。

その前に里親さまが決まる事を願って、
今日のブログを締めさせていただきます。
最後まで、お付き合い下さり、ありがとうございます。

           ジュジュのママ


お問合せは下記アドレスまでお願いします。
yonyon_sukisuki☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてね)


お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!

ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

じゃあ、またね!!


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/09(Fri) 08:19 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/09(Fri) 09:03 |   |  #[ 編集]
2才と3才…かぁ~
本当に 高齢になってから 飼われたネコ達なんですね…
事情は分かりませんが きっと やむにやまれず…
見て見ぬ振りが出来ず 飼われたのだと思います…

ウチの18才9カ月の猫を見ても分かる通り…
今や 犬 猫ともに 長生きの時代
我が家の猫に関しては まだまだ 何年か元気でいる気がします(=^・^=)

ワタシ20代で 梅ちゃんの姐ごになり 今では40代…

この猫達だって
この先 10年以上は生きるはずです
ただ 今が可愛そう~という気持ちだけでなく 
10年先も愛して 一緒に居られる環境にある方の申し出があることを
切に願います<m(__)m>




2012/03/09(Fri) 10:06 | URL  | なこ #-[ 編集]
切ないですね・・・。

ペットの飼育は、ほんと先々の事まで考えないといけませんよね(>_<)
その仔の一生を、最期の時まで看取れるか・・・よく考えなければならないですよね。
それは自分自身にも言えることだと思ってます。
今夫婦二人で暮らし、共働きで、1匹の仔がいますが、その仔がもし介護が必要になったとき、きちんと対応できるのか、共働きでなくてもやっていけるのか。。。
よく向き合っていかなくてはいけませんよね。

2012/03/09(Fri) 12:04 | URL  | れおすけ #-[ 編集]
ご高齢の方々と、その小さな家族達の事を、自分が家族に迎えるまで 真剣に考えたことがなかった。
おばあちゃんの散歩の速度と、同じようにシニアになったワンコの速度が一緒で、とても微笑ましいと思ってました。
その先の事を考えるようになったのは、家族を迎える準備を始めてからでした。

やっと自分が家族を迎えられる時になったら、最後の仔になるなぁ~って。
だから溺愛しちゃうんですけど‥
2012/03/09(Fri) 16:01 | URL  | みふぁ母 #-[ 編集]
Re: おはようございます。
鍵コメ さま

素敵な愛猫ちゃんのプレゼントですね!

高齢者さんと猫さんに、どうか幸運が舞い込みますように!
2012/03/09(Fri) 23:57 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鍵コメ さま

了解しました!!
2012/03/09(Fri) 23:58 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
なこ さま

いつもありがとうございます。

ワンコさん、猫さんを家族に迎える時は、
その仔の介護をして、看取る覚悟を持って、飼い始めて欲しいです。

猫さんの介護は、体が軽い分まだ楽だけど、
大型犬の介護が、どれだけ大変か、知らない人が多すぎるんですよね・・・・。

2012/03/10(Sat) 00:05 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
れおすけ さま

誰しも悩む問題ですよね。
もしもの時、どうするか・・・・・?

私にもしもの場合、ジュジュをどうするか?
この答えの出ない問題に、ずっと悩んでますが、
悩みすぎるのも良くないので、ジュジュとの楽しい時間を
過ごすようにしています。
2012/03/10(Sat) 00:10 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
みふぁ母さま

高齢者とワンコさん、猫さんの微笑ましい姿を見ると、
高齢者の方の、飼えなくなった仔達を受け入れる体制があればなぁ!!といつも思います。

我家も、ジュジュ一家が最後の仔達です。
おかげで、溺愛しワガママ姫様に育ててしまいましたv-13
2012/03/10(Sat) 00:17 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック