FC2ブログ
下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2018年02月07日 (水) | 編集 |
【徳島・3年前の5月から行方不明】

2017-10-13-6.jpg
       ↑   ↑   ↑
  クリックすると、グーちゃん捜索ウエブサイトが別窓で開きます。

グーちゃんに懸賞金50万円をかけています。

詳しくは、2017年9月23日の記事
【拡散希望】グーちゃんに懸賞金50万円!
ご覧下さいませ。

グーちゃん捜索に、ご協力くださいますようお願いいたします。
yonyon_sukisuki@yahoo.co.jp
090-1450-6731
ジュジュのママ





こんにちは、ジュジュのママです。

ここ秋田は、朝から、
お天気が猫の目のようにクルクル変わっています。

吹雪になり視界が真白になったと思ったら、
数分後に青空になり、
また吹雪いたりと、忙しい天気です。

昨晩は、夜に冬の雷で、
氷の塊が降っていました。



2018-2-7-4.jpg

今日、7日は、ジュジュの月命日

ジュジュは、交通事故で、肺の機能を3/4を失っていました。
片方の肺の半分だけ、機能をしていた状態です。

その1/4の肺も、横隔膜が破れて修復不可能だったので、
腸が上半身に押し上げられ、
どんどん圧迫され、呼吸が辛い状況になり、
余命宣告をされました。

何もしなければ、余命10日。

簡単に諦めたくなかったし、
ジュジュも生きる事に貪欲だったので、
酸素ハウスを自宅に借りて、介護をしていました。

そして、10ヶ月の闘病の末、
一気に心臓が止まり旅立ちました。


2018-2-7-2.jpg

介護期間中、状態が良くなったり、悪くなったりを繰り返していました。

呼吸が辛い子なので、「安楽死」も頭の隅にありました。

苦痛だけが残る状態になったら、
「安楽死」を考えてあげてくれと、
獣医さんからも言われていました。

その当時、「安楽死」も考えてはいたのに、
「実際の安楽死」って、
どんな手筈でするのかは、確認していませんでした。

と言うか、
獣医さんからは聞かされた気もするけど、記憶が無い。
私の心が、確信をしたくなかったのかもしれません。



2018-2-7-3.jpg

私が安楽死を本気で悩む前に、ジュジュは旅立ちました。

今は、ジュジュが「尊厳」を自ら選んだ気もしています。

介護をさせてくれたジュジュは、最高の親思いの子です。

そして、私が見ている前で、一気に旅立ったのは、
最大級の親孝行をしてくれたと感じています。


先日読んだ本の中に、安楽死の記載がありました。





以下抜粋です。
↓  ↓

通常は獣医師が鎮静効果のある麻酔薬を注射して、
ネコは飼い主の腕の中で眠りに行きます。
ネコが眠りに付いたところで、
2度目の注射(致死量の麻酔薬を静脈注射)が打たれ、
ネコの呼吸が止まり心臓が停止します。
2度目の注射をする時は、ネコは眠っているので
注射をされたことも気づかず、苦痛をともなうことなく、
静かに永遠の眠りにつきます。


↑  ↑
以上、抜粋。


ネコの老いじたく いつまでも一緒にいたいから知っておきたい (サイエンス・アイ新書)

我家の猫さまも、シニアの域に入りつつあります。

この先、どんな事があるのか分からないので、
知識を得て、獣医さんへの確認だけはしておきたいです。

本にも書いてありましたが、
安楽死の方法は、動物病院によって違うそうです。

必ず確認をして欲しいと思います。

そして、安楽死を選択せざるを得ない状況になった時、
私としては、自宅で旅立たせてあげたいです。

往診でそれが可能なのかも確認をし、
もしもの時は、獣医さんとの連携をしっかりし、
お願いが出来る状況にしておきたいです。

安楽死よりも、
「どこ子も、天寿を全うし、
穏やかな旅立ちで看取りたい。」


それが私の本心です。


お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村


お手数をかけて申し訳ないですが、
上のバナー2つをポチポチッと願います。

ご協力に感謝いたします。




↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
楽天のアフィリエイトに参加しています。
楽天でお買い物の時は、上のバナーから入って下さると幸いです。

皆さまのポイントは通常通りです。


アマゾンでのお買物はこちらからお願いいたします。


  ↑   ↑   ↑
フィラリア・ノミダニ駆除薬などが個人輸入できる
「うさぱら」です。(猫用もあります)
上のバナーをクリックしてお買物をして下さい。

アフィリエイトで得たポイント等は、
多頭飼育現場のワンコさんの医療費に使わせていただいています。
よろしくお願いいたします。




☆里親募集中のワンコたち
2017-12-11-7.jpg

仔犬のベンテンちゃんの里親募集サイト

成犬の里親募集はこちら


logo1.jpg
ジュジュを想って作成したサイトです。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/07(Wed) 18:14 |   |  #[ 編集]
安楽死
ちょみこの病気で2年半。
苦しいことはしないつもりでいます。
毎日が楽しくて、お膝に載れて幸せだったり腕枕でゴロゴロ言えたりできるうちは続けるつもりです。
その線引きはどこでするのか悩んでいます。
おしゃべりしてくれませんから。
辛いだけなら長生きしても仕方がないと思っています。
ゴロゴロ言える間は通院頑張ります。
ちょみこには通院・点滴をやめることが安楽死だと思っています。
2018/02/07(Wed) 20:31 | URL  | まゆげのままん #HIo17pUQ[ 編集]
難しいですね
見てるのも辛い位苦しんでいるのなら選択とも思うし
どんな姿でも生きてて欲しいと願うなら拒否にもなる

人間が決めていい物なのか、動物と意思の疎通が出来ればいいのになと感じます
2018/02/07(Wed) 23:02 | URL  | うるま #-[ 編集]
初コメです。

5年前、安楽死を選択しました。苦しんで、目にもう輝きのない状態の子の姿を見るのが辛く、苦しんでいるのに、永らえさせるのは私のエゴではないか、いや力尽きるまで看取ろう、揺れに揺れて決心しました。
私の腕の中で旅立ちました。病院ではなく自宅で、お気に入りだった庭が見える廊下で。先生は快く家に来てくださいました。
自宅を選んだのは、残っている猫をこれからもワクチンなどで病院に連れて行くたびに、この子は家に帰れるけど、あの時長女猫は帰れなかったんだなぁという思いに囚われてしまうのではないか、そんな恐怖からです。
今でも私の選択は良かったのか、分かりません。
2018/02/08(Thu) 15:43 | URL  | キャト #-[ 編集]
Re: こんばんは。
鍵コメさま

こんばんは!

ドキドキさせてすみません。

天寿を全うして、ロウソクの火が消えるように、
穏やかに旅立たせたいのが、多くの方の本心だと思います。

究極の選択を迫られた時、
事前に知っているのと知らないのとでは、
違いがある気がするんですよ。

そんな日が来ない事を願って、知識を蓄えようとする私です(汗)

2018/02/08(Thu) 18:01 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: 安楽死
まゆげのままん さま

ちょみこさんは、緩和ケアが出来ているから、
腕枕でゴロゴロを堪能させてあげてください。

穏やかな時間が、たくさん、たくさん、ありますように!!

線引きは難しいけれど、嬉しそうな時間がある時は、
不必要な処置だと思っています。
2018/02/08(Thu) 18:05 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うるまさま

明確な線引きが出来たら・・・と思うものの、
その子によって生きようとする力が違うので、悩ましいです。

特にジュジュのように生きる事に貪欲だったのを知っていると、
なかなか選択は出来ないです。

意思疎通ができたら、どんなにか良いかと思います。
2018/02/08(Thu) 18:08 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
キャトさま

コメントありがとうございます。

辛い経験をされたのですね。
正解の無い問題ですが、ご自分の腕の中で旅立たせる選択をされた事は
立派だし、尊敬します。

2018/02/08(Thu) 18:43 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック