下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2015年11月27日 (金) | 編集 |
【徳島・昨年5月から行方不明】
迷子犬グーちゃんを探しています!


ぐーちゃん2015_1

グレーの長毛・テリア風・大き目の中型犬
足先と胸が白・避妊済のメス


グーちゃんの詳細は昨年11月8日の記事に詳しく書いています

小さな情報でも、間違えていても構いません。

飼い犬であっても、ノラ犬であっても、
グーちゃんらしき犬、似ている犬を見かけたらご一報願います。

yonyon_sukisuki@yahoo.co.jp
090-1450-6731 ジュジュのママ

グーちゃんが見つかるまで、ブログのトップに固定しています。




こんばんは、ジュジュのママです。

やっと晴れました~~~~~
猫さまがコタツから出て、日向ぼっこを楽しんでしました。

私は、洗濯、洗濯、洗濯です。
昨晩、銀子ママが吐きに吐きまくり、
猫ベッド、トンネル、畳の上が大変なことになっていました

畳はアルコールで拭くだけですが、
猫ベッド、トンネルは洗濯しました~~~~

お日さまに感謝です。

今日は、昨日の記事、
「譲渡の仕方に正解はあるのか!!」の続きでもあります。


IMG_2047.jpg

不安な世の中だから、「確証」が欲しくて、
学校のテストのように、必ず「答え」があると思うんでしょうね。

何が言いたいかと言うと、
譲渡に絶対的な「正解」がないのであれば、
臨機応変に、色んな譲渡を模索して、
それを発信するのも有りなのでは?
と考えた訳です。

たとえば、「高齢者への譲渡」
ほとんどの愛護団体はNGだと思います。

確かに、高齢者の入院や老人施設への入居などで、
保健所に持ち込まれる犬・猫が年々多くなっています。

最期まで飼えない可能性があるのに、
大切な命を渡せるわけがない!と考えるもは、ごもっともです。

すべて一律にNGにする必要がないと考える私は、
60歳代への譲渡もしていますし、
お子さんに契約者になってもらい70歳代のご夫婦への譲渡もしています。

「命」への責任を持ってくださる方に、
「最期の瞬間まで愛してください」とお願いをして託しました。

IMG_2029.jpg

政府だって70歳まで働きましょう!!と言っている現代、
60歳代、70歳代で元気に働き、
気力、お金、時間に余裕のあるアクティブシニアの方も多いです。

「高齢者への譲渡をしましょう!」と無責任に言っているのではありません。

昭和の時代を引きずらず、現代の猫さんとの暮らしを理解し、
喜々としてお世話係を楽しめ、
「命」への責任を持ってくださる方への譲渡は有り
だと考えています。

もちろん仔猫は勧めません。

IMG_2026.jpg

高齢者への譲渡の道を閉ざすと、
ペットショップに行き仔猫を買うのだと思います。
ペットショップで扱われているのは、ほぼ仔猫です。

7~8歳の成猫さんをの譲渡と、ペットショップでの仔猫の購入。

最期まで飼えなくなる可能性はペットショップの方が高いです。

これって、何だか変だよなぁ~~~~と、ずっと思っていた問題です。

IMG_2037.jpg

動物の世話をする事、それが生きがいになる方へは、
譲渡の道を開き、保護活動をしている方たちと
「WIN WIN」の関係を築けないでしょうか

保護活動をしている方の中には、
譲渡をあきらめた猫さんを抱えている方も多いです。

理由は、「成猫」「エイズキャリア」等など

また地域猫現場には、人馴れ抜群で
外で暮らさせるのが忍びない猫さんもいます。

両者を上手にマッチングさせる方法はないでしょうか

譲渡後、どうしても飼えない状況になった時、
色々と奔走したけれど、万策が尽きたときに、
引き取れる老猫ホームを用意できれば・・・とか、
色々と考えてしまいます。

費用は里親さまにご負担して頂く方向で考えれば、
資金繰りが軽くなるのだろうか・・・とか、
妄想は膨らみます。


IMG_2038.jpg

「高齢者は駄目!」「単身者は気が変わるから駄目!」
「持ち家でなきゃ駄目!」「引越し予定がある人は駄目!」と
駄目駄目攻撃をし、硬直的になるよりは、

可能性を模索する方向で臨機応変に行動をしたいです。

仔猫は可愛いです。
誰が見ても可愛い仔猫よりも、
成猫さん、ハンデを抱えた子に
目を向けてもらえるように頑張りたい
です。

暖かい家庭で、へそ天で寝られる幸せへのチャンスを
成猫さん、お外で暮らす猫さんにも与えて欲しいです


「高齢者への譲渡」「単身者への譲渡」などを書くと、
批判がバンバン来ると思います。
批判は受けますが、反論は控える事をご了承ください。



お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村


お手数をかけて申し訳ないですが、
上のバナー2つをポチポチッと願います。

ご協力に感謝いたします。
じゃあ、また明日!!



↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
楽天のアフィリエイトに参加しています。
楽天でお買い物の時は、上のバナーから入って下さると幸いです。

皆さまのポイントは通常通りです。


アマゾンでのお買物はこちらからお願いいたします。


フィラリア・ノミダニ駆除薬などが輸入できます。

コメント
この記事へのコメント
飼うという事は、命を背負う事、と思ってます。
だからその事を理解している人なら基本的には譲渡可能と思います。
高齢者でなくても何か起きて飼えなくなる状況になるかもしれない。。だからそんな時に誰にお世話して貰うか、考える必要がありますが、特に高齢者への譲渡の際にはその確認もしておきたいかな…と私は思います。。
ほんと、WinWinの関係にみんながなれますように、と願わずにいられないですね。
2015/11/28(Sat) 07:03 | URL  | るる #-[ 編集]
高齢者で独り住いの 近所の おばあちゃん、飼ってはダメと言われて、エサやりさんしてます。当然の如く 家の周りに 増えていく 猫さん。
不妊など 聞く耳持たない、幸い 団地が出来て 子猫をもらってくれる人が たまたま続けて居たりしたから、更に 不妊去勢にの話は 聞いてもらえない(涙)ウチの町内では、市の補助以外分を 町内会で持つという 会長さんの英断で やりやすいのにです。
おばあちゃんの家に 家族として 初めのコが居たら、猫さんは確実に増えて無かったねれどね、家族全員が猫さんを迎えたいと思ってなければ幸せじゃないし…

「たられば」言っててもキリが無いから、地域猫の話を 会長さんに提案しようと思ってます!
高齢者さんは、頑固になりがちだし 体が思うように動かないから、お世話が億劫になられても困るし、やはり家族の協力が必須かなと思います。
2015/11/28(Sat) 07:53 | URL  | みふぁ。そら母 #-[ 編集]
高齢者の方にも・・。
テレビで高齢者の方がペットのお世話をしたら
頑張らないといけない!!と言う気持ちの為か
病状の悪化が止まり改善されたと・・見た事が・・。

温かくやわらかいぬくもりに触れる事で
心に栄養が行き元気になったのかな・・?と。

母の知り合いで80歳の一人暮らしの方が猫を飼っていて
(お孫さんが拾った)元気に過ごしている方が居ます。

高齢者の方でも家族が側に住んでいる方や
ご近所の方が引き取れるとか
後のケアが確実な方なら成猫に限り
譲渡しても良いのではと個人的には思います。
そうすることで保護部屋で過ごす成猫ちゃん達の
お家探しの道も開けるのでは?と・・。

キチンとした家族でも病気になったり
離婚したりとあるのですから・・ね。

家の3兄弟の里親会出身の3兄弟は
足の悪い父が居るので夜の11時~朝4時半までは
ゲージで過ごします。
(眠くなると自分で入っている事もあります)
文句を言う事もなく大人しく過ごしてくれるので
助かっています。
それ以外の時間はフリーで猫様生活です^^

ジュジュママ様
乾燥が気になりますね・・><
お肌の保湿も忘れずに
水分補給も心がけて下さいね^^

願うのは保護された子達が
幸せになってほしい事ですよね☆
2015/11/28(Sat) 08:23 | URL  | みかさ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/28(Sat) 09:03 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/28(Sat) 09:09 |   |  #[ 編集]
こんにちは。ママさんの考え方に私は賛成です。私はテレビで猫ホームを見たことがあります。いい考えだと思います。まだまだ世の中には、動物に対する考え方が間違っていたり独自の考え方をする人が多いです。もっとメディアが取り上げてくれたらと思います。
2015/11/28(Sat) 10:17 | URL  | 奈良のS #-[ 編集]
Re: タイトルなし
るる さま

私の経験のなかで、里親さまが亡くなったのが1回あります。
でも高齢者ではなく、若い方でした。
猫は親御さんが引き取り、息子さんの形見として大切に育てて下さっています。

何があるか、分からないので、全ての方に、
飼えなくなったらどうしますか?って聞くようになりました。
2015/11/28(Sat) 23:59 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
みふぁ。そら母さま

体が痛いとか、だるいは、気力で持つのでしょうが、認知症の問題もあります。
難しい問題ですね。
「たられば」だと堂々巡りになるので、前進あるのみです。


会長さんへの提言を頑張って下さいませ。

2015/11/29(Sun) 00:12 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: 高齢者の方にも・・。
みかさ さま

パソコンの調子は直りましたか?

乾燥がひどいですね。お肌がボロボロです。
体にも心にも栄養補給が必要だと感じています^^

高齢者と言っても千差万別。
ケースバイケースで柔軟な対応が必要なんだと思っています。
元気の源になり、飼い主さんも元気、犬猫の幸せ!
そうであって欲しいです。

まだまだ安静が必要ですよ!
無理しないで下さいね。
2015/11/29(Sun) 00:20 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: おはようございます。
鍵コメさま

こんばんは!
お日さまの有難さを今日も実感でした。

私はお届け時に必ずご自宅まで届け、
その際に、危険な場所や脱走防止のアドバイスをさせてもらっています。

銀子ママの姿、すごいでしょ!
2015/11/29(Sun) 00:27 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鍵コメさま

コメントありがとうございます。
「子守歌を聞きながら眠ったまま逝ってくれました。 」最高の旅立ちですね。
私もジュジュをそうして見送りたかったです。
酸素ハウスだったので、それは叶いませんでしたが、
旅立つ姿を見せてくれたので、親孝行な仔だったと思います。

飼い主さんに寄り添える大人猫さんの魅了をもっとアピールして、
大人猫さん、シニア猫さんの譲渡に繋がるよう頑張ります。
2015/11/29(Sun) 00:33 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
奈良のSさま

こんばんは!
色々と考え、試行錯誤しながらでも、前に進もうという気になりました。
ジュジュが旅立った直後は何も考えられませんでしたが、
前に進みなさい!とジュジュに背中を押されたのかな???
2015/11/29(Sun) 00:39 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック