下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2015年10月23日 (金) | 編集 |
【徳島・昨年5月から行方不明】
迷子犬グーちゃんを探しています!


ぐーちゃん2015_1

グレーの長毛・テリア風・大き目の中型犬
足先と胸が白・避妊済のメス


グーちゃんの詳細は11月8日の記事に詳しく書いています

小さな情報でも、間違えていても構いません。

飼い犬であっても、ノラ犬であっても、
グーちゃんらしき犬、似ている犬を見かけたらご一報願います。

yonyon_sukisuki@yahoo.co.jp
090-1450-6731 ジュジュのママ

グーちゃんが見つかるまで、ブログのトップに固定しています。




こんばんは、ジュジュのママです。

先日、保坂さんと「おたっしゃくらぶ」のteaさんに会いに、
銀座にお出かけしました。

その時、保坂さんから絵本を見せていただきました。


IMG_1563.jpg

それが、保坂さんの旦那さんである「保坂和志」さんが書かれた
『チャーちゃん』です。

絵本です。


IMG_3761.jpg

初めて読んだとき、
銀座で号泣しそうになりました。

悲しくて辛い話ではありません。

それなのに号泣って、何なのよって言われそうですが、
心にストンと落ちて、
「私と同じ気持ちの人が居るんだ!」と、勝手に感じ、
なんだか、心がフッと軽くなったんですよ。

その死生観に心が救われ、共感と安心感、
それにジュジュへの想いが入り混じり、
号泣しそうになったんでしょうね。


P1510419.jpg

ジュジュが旅立って数ヶ月が過ぎ、
悲しみの海から、少しだけ抜け出し、
前を向いて普通に生活をしていたけれど、
その頃の私は、ジュジュへの想いを持て余していました。

ジュジュが旅立った直後の混乱していた時は、
色んな想いが複雑に入り混じり、形容しがたい感情でした。

長崎に行き、精霊流しでジュジュを見送り、
それなりに平穏な心を取り戻していましたが、
早くジュジュを迎えに行きたい気持ちは抑えられませんでした。

ジュジュの後を追いたいとか、
自殺願望とは、全く違います。

ただただ、早くジュジュを迎えに行きたいだけで、
死ぬ気なんてサラサラないのですが、
「ジュジュをあまり待たせたくない。」って気持ちが強かったです。

そう、時間が早く流れれば良いと願っていた気がします。


P1510005.jpg

気がかりな黒猫親子などの終の棲家を見つけ、
太郎たちのお世話をし、そしてちゃんと看取り、
心置きなく旅立てる準備が整うのを、
「早く早く」って願っていたんです。

でも、この絵本で私の心の奥深くにあった懸案事項と言うか、
処理しきれない感情が、スッと消えたんですよ。

心が救われた!って表現が適切なのかな・・・・・

この絵本を読んでから、
ジュジュが旅立った後の色んな出来事、
楽しい話、愉快な話、ありえな~~~~い!って笑える話、
犬猫関係だけでなく、私の仕事、趣味、日々の生活、
たくさんの思い出を持って、
ジュジュを迎えに行こうと思えるようになりました。

急ぐ必要はなく、
私の人生を思う存分楽しんでから、
たくさんの思い出と共に、ジュジュを迎えに行こうと思います。


デヘヘ・・・(#^.^#)

絵本の内容は、大切な家族が死に行く姿を描いたものではありません。
旅立ってからの話です。

是非、読んでいただきたい絵本です。

ペットロスの方にも、お勧めです。


☆アマゾン☆



☆楽天ブックス☆



P1510189.jpg
ジュジュが旅立った後の私は、
義務感で猫さまのお世話をしていた気がします。

それって猫さまに失礼ですよね。
太郎たちも喜んでいなかったと思います。

今は、義務や使命感でなく、
心からお世話を楽しんでいます

保坂さま、
ありがとうございます。


お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村


お手数をかけて申し訳ないですが、
上のバナー2つをポチポチッと願います。

ご協力に感謝いたします。
じゃあ、また明日!!



↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
楽天のアフィリエイトに参加しています。
楽天でお買い物の時は、上のバナーから入って下さると幸いです。

皆さまのポイントは通常通りです。


アマゾンでのお買物はこちらからお願いいたします。


フィラリア・ノミダニ駆除薬などが輸入できます。

コメント
この記事へのコメント
私も最初から泣きそうに…
あーちゃんが淋しくないか心配でしたが、少しほっとしました。
わたしのこと忘れないでいて欲しいです。
ジュジュママさんのおっしゃる事がわかります。
後を追いたいとかそういうのでなく、「あーちゃんのとこいくんだよ」って言われたら、「はい、わかりました」と即答しそうな感じといいますか…。あくまで受動的ですが、執着が無くなるといいますか…自分の影が薄い感じですかね。
今はしっかり影濃く生きてますよ(笑)
濃すぎる麦茶の風情です。
2015/10/23(Fri) 22:31 | URL  | リズのママ #jkHrPoTk[ 編集]
Re: タイトルなし
リズのママさま

そうなんですよね。
色んな事に執着がなくなり、欲もなくなり、
「ジュジュの所に行きますか?」って聞かれたら、
「はい!!」と迷いもなく返事をしたと思います。

私も、今は濃く生きてますよ!!
2015/10/23(Fri) 23:40 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
読もうかな
私も読もうかな。
昨日10月23日は最愛の子リリが私の腕の中で、天に召された日でした。
ジュジュママさんと私は全く同じだったみたいです。
私は、今も、みんなを看取って、早く早く時間が経って、リリたちと一緒のところへ行きたいと願っています。
死にたいとかではないのです。去年、保護した子がいるのであと20年ぐらいは元気で過ごしたいと願っています。
むしろ、猫たちを残して今は絶対死ねない。
家族や友人と、おいしいものを食べ、美しいものを見て生きているって素晴らしいと幸せを感じます。この世の生を全うしないと、愛しい子たちと同じ処へいけない気がします。
みんなを幸せにして無事みとることが人生の目標みたいになってしまっています。それがよいのか悪いのかわかりません。自分が逝くときは、一人だと想像すると、寂しいですが、
1匹でも残して逝くことを想像するほうが胸が張り裂けそうです。そういう時は、私が逝くときは、愛しいわが子たちがみんなで、私を迎えに来てくれることを想像します。こんな風だから、早く時がたてばよいと思ってしまうのでしょうね。
2015/10/24(Sat) 01:56 | URL  | きらり #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/24(Sat) 08:28 |   |  #[ 編集]
大切な事は・・。
見送った子に逢えると・・と考えると
逝ってもいいのかな・・と思う気持ち
分かります。

一緒に居た時間より
見送った後の時間が長くなる
思いは募るばかりです・・。

ただ大切な事は
今の自分に出来る事をして
見送った愛しい子に胸を張って逢える事と
思い日々過ごしています。

せっかく逢えた愛しい子に怒られたら
淋しいじゃないですか・・。

縁が合って出会った子達の
今しか触れられない柔らかさや温もり鳴き声を
感じられる時間が愛おしいです。

ジュジュママ様
絵本を読んで入院しようと思います。

愛しいジュジュ姫さまに
「私の家族、しっぽ族のお世話をありがとう。
大好きなママさん逢えて心から嬉しい」と
言われるように過ごして下さいね^^

私も頑張りますp(^^)q
2015/10/24(Sat) 09:56 | URL  | みかさ #-[ 編集]
その子を妹のように可愛がっていた娘が転居し、早朝4時に泣き叫んでいた三毛は今も仏壇にいます。お別れしてから早い時期にお庭の一角で自然に還してあげたかったんです。その分早く着替えて帰ってくれるように思えましたが、帰省すると娘は遺骨に長く手を合せています。

哀悼する気持ちは千差万別ですね。
ご縁あって頼って来た母子は、あの子の導きだと思います。

みかさ様、どうかネコちゃん達のためにも、頑張ってお帰り下さいね!
2015/10/24(Sat) 11:08 | URL  | ぴよ #-[ 編集]
Re: 読もうかな
きらり さま

けっして死にたい訳ではなく、どの仔もちゃんと看取りたいのですが、
心が急いていました。
そんな感覚になっていたときに出会った絵本なんです。
是非、読んでみてください。
2015/10/24(Sat) 23:52 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: おはようございます。
鍵コメさま

こんばんは!
この絵本、私の宝物になりました。
私自身が楽しむ事を忘れていたと言うか、楽しめる感覚すら忘れていた時に出会い、
救われたんですよ!

蜂蜜で喉を潤わせてみますね。
大好物です。
2015/10/24(Sat) 23:56 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: 大切な事は・・。
みかさ さま

私は見送った後の時間の長さが辛くて、
心を持て余していたんだと思います。

ジュジュと再会した時に、
たくさんの楽しい思い出を話せるよう、
前向きに過ごしますね。

みかささん、不安もあると思いますが、
ガンバです。大丈夫!!
2015/10/25(Sun) 00:00 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ぴよ さま

親子猫さんは導かれてきたのですね。

ジュジュは生きている時から、命を導いて来ていました。
そうでなかったら、麻痺の子達と、こんなにも出会わなかったと思います。

ご縁って不思議です。
2015/10/25(Sun) 00:05 | URL  | ジュジュのママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック