下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2015年07月24日 (金) | 編集 |
【徳島・昨年5月から行方不明】
迷子犬グーちゃんの目撃情報を求む!


2015-6-2.jpg

グレーの長毛・テリア風・大き目の中型犬
足先と胸が白・避妊済のメス


グーちゃんの詳細は11月8日の記事をご覧下さい

小さな情報でも、間違えていても構いません。
見かけたらご一報願います。

昨年5月21日、徳島県小松島市から居なくなりました。
行方不明になった当日の目撃情報も求めています。


yonyon_sukisuki@yahoo.co.jp

グーちゃんが見つかるまで、ブログのトップに固定しています。




こんばんは、ジュジュのママです。

コメントありがとうございます。
ジュジュの四十九日が7月25日になります。
その日まで、コメント返しはお休みさせてください。



P1020314_20150724234632b33.jpg
明日、7月25日は、ジュジュの四十九日。
日曜日に旅立ち、土曜日に忌明け。

旅立つ姿を思い出すと胸がつまりますが、
それでも、家族が見守る中で旅立ててよかったと思えます。

ワガママ姫さまで、猛獣ジュジュごんだったけれど、
最期はとっても親孝行なジュジュでした。


P1010686.jpg
今日は、「虹の橋」の話を、知らない方もいるかも・・・なので、
和訳を転載しますね。

『虹の橋』は原作者不詳のまま語り継がれてきた英語の詩です。
ペットロスに苦しむ人達が読んで心を癒され、
インターネットを通じて世界中に広まり、
ネット上にも多くの和訳があります。


P1020758_201507242347222a0.jpg
「虹の橋 (ソマリ+ism)」さんから、転載します。

虹の橋

天国の、ほんの少し手前には、
「虹の橋」と呼ばれる楽園があるのです。
この世でパパやママにとても愛された子達は、
お別れを迎えると虹の橋へと向かいます。

虹の橋の、緑の草原と丘の上。
子供達は思いきり駆け回り、友達と一緒に遊びころげています。
美味しいご飯も、新鮮なお水も、温かい日差しもいっぱい。
みんな、とっても気持ちよくて、ご機嫌。

病気をしていた子も、歳をとった子も
虹の橋では、元気いっぱいの姿に戻って
傷ついて動かなくなった手足さえ、元通り。
パパやママの心にある、あの一番輝いていた我が子が
そこには居るのです。

子供達はみんな、満ち足りた気持ちで、
幸せに暮らしているのだけれど
ただ、一つだけ....

そう、一つだけ....

離ればなれになってしまったパパやママのこと
それだけが気がかり....。

それは、いつものようにみんなで遊んでいた日のことでした。
ふいに、ある子が立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳は、キラキラと輝き、その体は、嬉しさに震えています。
突然、その子は仲間達を後にして、緑の草原を駆け出しました。
早く、早く、急げ、急げ。

あなたの姿を見つけたのです。

虹の橋で再会した、あなたと愛する我が子。
その胸に固く抱きしめれば、
もう二度と、離ればなれになることはありません。

懐かしいキスが、あなたの顔に降り注ぎ
あなたは、あの頃と同じように、優しく頭をなでながら
我が子の瞳を見つめ返すのです。
あなたを信じ切って見つめてくる、まっすぐな瞳。
お別れしたあの日から、ずっとずっと片時も忘れることの無かった
愛しいその瞳を。

そして、あなたは愛する子と手をつないで
天国への門をくぐるのです...。

作者不詳
(訳:ソマリ+ism【Somalism】りんぽぽ&しゃおらん)

ここまで、転載。


虹の橋では、ジュジュの麻痺した下半身も治り、
辛かった呼吸も楽になり、ご機嫌さんで走り回っているのかな

もう少し心が落ち着いたら、
「虹の橋」をジュジュバージョンで和訳しようと思います。


IMG_4252.jpg
旅立つ数日前から、
酸素ハウスの中でも、呼吸がかなり辛くなっていました。

撫でることしか出来なくて、
楽にしてあげた方がいいのかと、悩んでいたけれど、
生きようとする強さがジュジュにあり、
安楽死は出来ませんでした。

呼吸が辛くなった時、
「ジュジュ、もう頑張らなくていいよ・・・・・。
虹の橋にお迎えに行く頃には、
お母さん(私)を待っている子がいっぱい居ると思うけれど、
必ず1番に、誰よりも先にジュジュを見つけて抱きしめるから、
穏やかに逝けるのなら、逝っていいよ。
お母さんのために頑張らないで・・・・」と話しかけていました。

でも、呼吸が少し楽になり体を横に出来ると、
「頑張ったね。ありがとう」って言っちゃってました。

そして、旅立たれると、凹みに凹みボロボロ。

そんなボロボロの心を、この詩は救ってくれています。
言葉の力ってすごいですね。


お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村


お手数をかけて申し訳ないですが、
上のバナー2つをポチポチッと願います。

ご協力に感謝いたします。
じゃあ、また明日!!



↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
楽天のアフィリエイトに参加しています。
楽天でお買い物の時は、上のバナーから入って下さると幸いです。

皆さまのポイントは通常通りです。


アマゾンでのお買物はこちらからお願いいたします。


フィラリア・ノミダニ駆除薬などが輸入できます。




コメント
この記事へのコメント
ジュジュ姫、四十九日なんですね。何だか今だに変な気分です。。

虹の橋の翻訳、初めて知りました。ママさんありがとです。
我が家は数匹の愛する猫達が先に亡くなってしまいましたが、この子達が待っていてくれていると思うと死が以前より怖くなくなりました。

ジュジュ姫も時間や重力や不調やら全てから解放され楽しく過ごしてると思います。そしてママさん達を見守ってくれてると思いますよ✨

2015/07/25(Sat) 05:14 | URL  | るる #-[ 編集]
おはようございます。
今日はジュジュちゃんの四十九日なんですね。
ジュジュちゃんは、シッポ族の「生きたい気持ち」を私たちに伝えてくれたと思います。体に不調があっても、人間がちょっとお手伝いをすることで元気に生きていく事ができるんだって、教えてもらいました。
ママさんのようにはなかなかできないですが、私も恵まれない環境におかれている子たちがジュジュちゃんのように幸せになれるよう、お手伝いをしたいと思います。
ジュジュちゃん、お空から皆を見守ってね!
2015/07/25(Sat) 06:51 | URL  | べるちの母 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/25(Sat) 07:13 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/25(Sat) 07:26 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/25(Sat) 10:19 |   |  #[ 編集]
もう49日ですか。
ジュジュちゃんの生きようとするパワーとママさんとパパさんの愛情の深さに感動し、必死に祈っていた日々。もう49日たったのですね。でも、私の中にもジュジュちゃんは居ますよ。

虹の橋のお話をちゃんと読んだのは初めてでした。泣けますね。ジュジュちゃんバージョン待ってます♪
2015/07/25(Sat) 10:58 | URL  | 寧々茶々母 #-[ 編集]
虹の橋の和訳は、数々読んできたけれど、今回は、ひとつひとつの言葉に ジュジュちゃんが浮かんでくるので、涙で 途切れ途切れになって、なかなかコメントまで たどり着けませんでした。

今頃、超高速ダッシュにも 少し飽きてくれたかしら?
たくさんの子分が 出来ていそう(笑) 集団の先頭切って 走ってると思うわ!姫というより、ジャンヌダルク的な〜!
お盆に帰るまで いっぱい走っておいでね。長崎で待ってるから。
で、初めての飛行機に乗って、ママさんと 千葉に帰るのよ‼︎
2015/07/25(Sat) 11:36 | URL  | みふぁそら母 #-[ 編集]
四十九日に
今、ジュジュちゃんによく似ているウチ猫のレオが二階から降りてきました。
5匹目の雄猫にいつも襲われるため二階に避難している子です。
虹の橋の翻訳を読んで泣いている私を慰めてくれました。

このブログを読んでいると、ウチのレオちゃんとダブってしまい、つい泣いてしまいますe-464
2015/07/25(Sat) 14:26 | URL  | tako #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/25(Sat) 21:43 |   |  #[ 編集]
うちの二代目は、以前のご主人と橋の向こうで再会して
きっと幸せにしていると思っています
私の事なぞ忘れて(号泣)))

ジュジュちゃん、もうそんなに日が経つのに
まだまだ信じられない…
でもいつまでも悲しんでいるのもダメだと言いますよね

我らが関東地方は明日37℃の予報です!
ジュジュママさんも気合入れて頑張って下さい!!
2015/07/25(Sat) 23:43 | URL  | うるま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック