下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2013年06月30日 (日) | 編集 |
こんばんは、ジュジュのママです。

今日は、6月30日、
今年の半分が過ぎ、折り返し地点ですね

DSCF1363.jpg
今年の前半は、
私の入院、引越し、
虹の橋を渡ったコウちゃん、ファミ君の保護、
バタバタの生活でした


P1340418.jpg
後半は、落ち着いた暮らしをし、
我家の猫さまへのサービスを、もっともっと楽しみ、

『猫さんがいる暮らし』の楽しさを、伝えたいと思っています。

なんて言っておきながら、
秋に転勤になったら、どうしよう・・・・。

またバタバタな生活になってしまう


今日はレオさまとミッキー君の『武勇伝』を記事にしたいと思います。

IMG_4357.jpg
レオさまは12歳、ミッキー君は13歳で、
里親さまに巡り合い、一緒に暮らし始めたワンコさんです。

それまでの生活は、お外で繋がれており、
室内の生活どころか、

たぶん、室内を見た事がなかったかも・・・です。


IMG_4644.jpg
シニアになるまで、お外しか知らなかったのに、
里親さまの家のルールを覚え、今は室内をフリーで暮らしています。

でも、最初から何の問題もなく、
室内の暮らしに移行したのではありません。

それなりに、やらかしました


IMG_4641.jpg
保健所のワンコさん、可哀想なワンコさんを見て、
里親になったけど、

『こんなはずじゃあなかった・・・』と戻される子がいます。

なので、「きれいでお利口さん」と誉められる美魔犬レオさまが、
やらかした過去の『武勇伝』を知って頂き、

過度の期待、思い込み、勝手な理想像で里親にならず、
ワンコさんと向き合う覚悟で、里親になって欲しいと思います。



P1190566.jpg
私がレオ君のお世話をしていた頃は、まだお外だけの生活で、
里親さまにお届けしたその日から、室内に入れて頂きました。

私がお世話に入った初日にも、レオ君はやらかしまして、
いきなり私にオシッコをジャージャーひっかけました。

当時のレオ君の排泄は、どこででも、自分の小屋にすらしていたので、
私へのオシッコも、
たぶん、自分の匂いを付けたかったか、
もよおしたから、排泄したんだと思います。

嫌がらせでは、ありません。

そして、お届けの日も、里親さまの玄関前で、マーキングの嵐でした。

それでも里親さまは、いきなりレオ君を室内に入れ、
リードを外してフリーにさせてくれました。

レオ君が何をやらかしても、
里親さまは『それはレオ君にとって、普通の事ですから
全く動じません。

私は目ん玉が飛び出るほど驚きました 

お届け後の数日は、
テーブルには上がる、どこにでも上がる、
うっかり置いていたパック入りの肉は食べる、
オシッコも勿論、室内でしちゃいました。

それでも、一つずつ家のルールを教え、
オシッコはタイミングを見計らい外に連れ出し、
オシッコの失敗は、たしか5回くらいだったと聞いています。


IMG_3436.jpg
この凄まじい惨状は、ミッキー君の武勇伝です。

ミッキー君の経緯は、詳しくは書けないのですが、
健康なワンコさんなのに、床ずれが酷い状態でした。

ご想像がつくと思いますが、
ストレスマックス状態か、全てを諦めていた状態で、
室内での暮らし方を何も知りませんでした。

それでも室内に入れて、レオさまの時と同じように、
1つずつルールを教え、徐々に新しい環境に慣らしました。

写真は、レオさまとミッキー君で、初めての留守番をさせた時の惨状です。


IMG_3438.jpg
里親さまは、この写真を笑い話として送ってくれました。

「ハハハ~~、スゴイでしょ!
レオさまは、ここまではしなかったわよ!」

何も教えられていないワンコさんは、色々とやらかして当たり前。

知らない事は、教えれば出来るようになるけど、
いきなり全てパーフェクトに出来るわけではありません。


大丈夫かなと思った留守番の結果が、この写真だそうです。


IMG_3845.jpg
里親さまは、大型犬と暮らし看取った経験のある、
ワンコさん好きの普通のご家族です。

ドッグトレーナーでも、保護活動の経験者でもなく、
ワンコさんを心から愛するご家族です。

どんな賢いワンコさんだって、いきなり全部を覚えるのは無理です。

まして、ストレスマックス状態だったワンコさんが、新しい環境で、
その日から名犬にはなりません。

まずストレスを無くし、新しい環境に馴染ませ、
「安心して暮らせるんだ!」と、感じて信頼をしてくれれば、

知らない事も覚え、失敗が少なくなり、
レオさまやミッキー君のように、
室内で穏やかに暮らせるワンコさんになると思います。

最初は、色々と大変かも・・・・ですが、
ワンコさんとの暮らしを考えて頂けるのなら、
是非、お近くの保健所、愛護団体、個人保護のワンコさんに
目を向けて欲しいと思います。

心の傷を癒してあげれば、
素敵なワンコさんとの暮らしになり、
そのワンコさんは、かけがえのない仔になり、

結果、癒しや楽しみなど、
多くを与えてくれる存在になると思います。

過度の期待をせず、大らかな気持ちで、
ワンコさんとの暮らしを始めてみませんか


おっつと、更新が遅くなりました。スミマセン



↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
楽天のアフィリエイトに参加しています。
楽天でお買い物の時は、上のバナーから入って下さると幸いです。

皆さまのポイントは通常通りです。



お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

お手数をかけて申し訳ないですが、
上のバナー2ポチ願います。

ご協力に感謝いたします。
じゃあ、また明日!!