下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2011年06月28日 (火) | 編集 |
こんにちは、ジュジュです。

今日の長崎は、やっと晴れました

P1040539.jpg
ちょっと蒸し暑いけど、気持ちよくお昼寝!!

P1040322.jpg
ジュジュのママ「久しぶりに青空を見ました!!洗濯日和です。」

P1040295.jpg
ジュジュ「ソファーの上で寝るとね、特典があるの!」

P1040296.jpg
ジュジュ「気持ち良さそうな顔でしょ?」

P1040297.jpg
ジュジュ「ジャ~~~~ン特典は扇風機でした

P1040337.jpg
ジュジュのママ「先週の土曜日、銀子ママの捜索活動の合間をぬって、
パパの車で、遠方の獣医さんまで、ジュジュの避妊手術の相談に行きました。」

ジュジュが避妊手術をしていない理由は下記の投稿を読んでくださいね!


5/17 ジュジュとの出会い!

5/19 ジュジュとの出会い その2

6/9 ジュジュの避妊手術

P1040366.jpg
ジュジュのママ「銀子ママも心配だけど、土曜日にしかいけないので、
無理をして行ってきました。

普段、パパは診察室はおろか、待合室にも入りません。
それは、血、痛いことなど、病院が苦手だからです
でも、ジュジュの命の話なので、診察室の隅っこに座り、話を聞いていました。

ジュジュの主治医の先生から、話が伝わっているので、事前に色々、考えていて
くれました。避妊手術と横隔膜ヘルニアの手術を同時にすることを!!

レントゲンを見ながら説明を受けました。

ます、横隔膜のないジュジュは、開腹すると、呼吸が出来なくなるので、
人工呼吸器をつけての手術になること。

胸から下腹まで大きく切って、横隔膜ヘルニアの手術になること。

癒着の問題があるので、開けてみないと確実にできるか、わからないこと。

横隔膜が萎縮しており、大きさが足りない可能性があること。

癒着をきれいに剥がせても、下半身に収まる場所がない可能性があること。

去年の8月に見たレントゲン写真と、今回の写真があまりに違い、
ちょっとショックでした。

内臓がどんどん上半身に吸い寄せられており、肝臓も大腸も上半身に
ありました。大腸の中のウンチが、肺の横に写っていました
腎臓もだいぶ上にあがっていたし・・・・・。

結果、ジュジュの圧迫排尿時の腹圧が高く、手術しても横隔膜が裂ける可能性が
高く、横隔膜ヘルニアの手術は出来ないと診断が下りました。
折り合っていくしかないけど、避妊手術はなんとか可能であることが分かりました。

本来は下腹を少し切るらしいのですが、胸の下を切って手繰り寄せて
子宮と卵巣を取るとの事でした。」

P1040538.jpg
ジュジュのママ「次のサカリが来る前に、手術してやらないと
可哀想だと言われましたが、する、しないは飼い主である
私たちの判断になります。

100%安全な手術なんてないし、決心しなければと思いますが、
なかなか決断できずにいました。

ウジウジ悩んでいても仕方ないので、来週の月曜日に手術の予約を入れました。
手術は午後からですが、酸素室に入るため早めに連れて行きます。

でも、やっぱり、心配だ!!」


ちーちゃん、太郎、オスカルは、
里親さんを探しています。詳細は下記をクリックして下さい。


いつでも里親募集中・ちーちゃん

いつでも里親募集中・太郎

いつでも里親募集中・オスカル

お問合せは下記アドレスまでお願いします。
yonyon_sukisuki☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてね)


お手数をかけますが、ポチッと
お願いします。


ブログランキング

じゃあ、またね!!