下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2011年05月17日 (火) | 編集 |
こんばんは、ジュジュです。

今日は、私がママに出会った頃の話です。

P1000603.jpg
去年の春に長崎に来たパパとママは、
生活のリズムが決まらず、食べてばかりで、ブクブク太りだしたんだ!

こりゃ大変だと1時間ほどの深夜のウオーキングを始めて、
私が暮らしていた居酒屋さん辺りも歩いてたんだって!

P1000609.jpg
ある夜、いつものようにウオーキング途中のパパに
「ウンギャー!!」って大きな声でないたの・・・

ピョンピョン跳ねて遊んでいた太郎達じゃなく、
「私を見て!!」って大きな声で泣いたの・・・

パパとママはどうしたの?と抱いてくれたんだけど、
そのまま、そっと地面に下ろされたの。

車に轢かれて何日か経っていたけど、
血がこびりつき、下半身を引きずって糞尿にまみれていたから・・・

「ゴメンネ!頑張るんだよ!」と言ってその日は、帰っちゃたの・・・

IMG_3215.jpg
でも次の日の朝、パパが「やっぱり、昨日の仔が気になる!」と言って、
ママに病院に連れて行くよう頼んでくれたの!

でも、探しに来てくれたママと私は2日間、会えなかった・・・
ママは私が居酒屋さんで世話になっていると知らず、
必死に辺りを何回も探してくれたんだけど、私は居酒屋さんの中にいたの。

居酒屋さんは病院には連れて行ってくれなかったけど、
体を拭いてくれたり、ご飯を食べさせてくれてたの。

P1000626.jpg
そして、3日目にやっと見つけてくれたんだ!
会えなかった2日間に、ママは「オムツの猫」を飼うと思い、
ネットで色々調べ、オムツの替え方まで研究してたらしいよ!

保護されたとき、私はオシッコとウンチにまみれてたので、
垂れ流しだと思ったんだね。

でも、垂れ流しと、オーバーフローは違うんだよ!

IMG_3315.jpg
病院に連れて行かれ、先生の第一声が「オシッコ、出してやらんば!!」
それを聞いたママは、頭の中???で、
「これだけ、糞尿にまみれてるんだから、オシッコ出てますけど・・・
何、言ってんだこの先生!!」って心の中で叫んだらしいよ!

ママ「オムツ猫になると思いますが、責任持って飼いますので・・・」
先生「オシッコをちゃんと出してやったら、オムツには、ならんば!」
ママ「????」で、圧迫排尿を始めて知ったんだ!

私は垂れ流しではなく、膀胱がいっぱいになっていて、
オシッコが溢れていたの。だから尿毒素で危険だったんだけど、
ママに見つけてもらえたので、間に合ったんだ!!

続きは、また後日に書くね!

ジュジュのママです。

ジュジュを保護し、皆さんに「尊敬します、すごいですね!」と
言われますが、見つけた日は、やはり躊躇し保護できませんでした。

見つからない2日間も、見つけたい気持ちと、
見つけたら大変な事になる!どうしよう?見つからない方が・・・と
葛藤してました。

今は、ジュジュを保護して本当によかった!と心から思えます。
でも、保護当初は「可愛いけど、どうしよう?どうしよう?
とても育てられない!」と、ずっと悩んでました。

だから、尊敬されたり、すごいと言ってもらえると恐縮します。

実際は、かっこよく保護していません、何とか、なっただけです。

P1020634.jpg
今日のみーたんです。餌やりさんがベッドを作ってくれました。

P1020637.jpg
餌やりさんが、みーたんはきれいな「きじ白」だったのに、
下半身の毛が茶色に変色した!と心配してました。
猫さんの毛は、変色するのでしょうか?
たしかに、茶色で上半身と下半身の柄が、全く違いますね!


ちーちゃん、太郎、銀子ママは
里親さんを探しています。
詳細は下のアドレスに連絡してね。


yonyon_sukisuki☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてね)

お手数をかけますが、ポチッと
お願いします。


ブログランキング

じゃあ、またね!!