下半身麻痺の猫「ジュジュ」一家のドタバタ日記と、保護猫・保護犬さんの里親探し!
2012年06月05日 (火) | 編集 |
こんばんは、ジュジュのママです。
今日の徳島、明け方から雨で、肌寒い1日でした

P1030559.jpg
去年の6月5日、バンビが虹の橋を渡りました。

バンビの記事はこちらです。
バンビちゃん←クリックして下さい。

P1030561.jpg
助けてあげられなかった命です。
この世に生まれて、人間の手で殺されそうになり、
必死に声をあげ、助けを求めたのに、我が家に保護し、数時間で力尽きました。

あの時、さっさと保護し、保温していれば・・・・、と
今でも心が痛みます。

短い短い命でしたが、この世に生きたので、
毎年、忘れないよう思い出してあげるのが、供養と思っています。


この季節、行政に殺処分される仔猫が増え、
人間の手で遺棄され、力尽きる仔、闇に葬られる仔、
どれくらいの命が奪われているのか、正確な数字は分からないですが、

想像を絶する数字だと思います・・・・たぶん。

P1170450.jpg
この仔猫を連れてきていた、老夫婦。
猫が大好きで、病院代を気にする様子はないのに、
『猫に避妊手術するの?』って反応でした。

ネットを見ない、年齢と共に字を読むのが億劫になる世代に、
獣医師会も、積極的に避妊・去勢キャンペーンを
秋から冬に掛けて、してくれればいいのに・・・・と、思っちゃいます

P1190768.jpg
仔猫は、ほんと可愛いですが、仔猫の時期は短いです。
大きくなり、高齢になり、猫もボケるし、介護も必要になります。

その時が来ても、変わらぬ愛情で飼える方だけ、猫さんと暮して欲しいです。

七実01
バンビが亡くなった日、我が家の保護部屋にいたのは、
オスカルとユリウスでした。

ユリウスは七実ちゃんになり、

ハナ1才
オスカルはハナちゃんになりました。

バンビも育っていたら、きっとお腹を出して
幸せそうにお昼寝出来ただろうに・・・・・。

虹の橋で、へそ天で寝てるのかな


お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

じゃあ、またね!!


2011年06月06日 (月) | 編集 |
こんばんは、ジュジュのママです。

今日は嬉しい報告がいっぱいの楽しい1日の予定でした。
が、やりきれない、報告になりました。

嬉しい話は、銀子ママに里親さんがきまり、コクシは退治されたみたいで、
みーたんが現れました!!!

銀子ママの詳細は、明日、報告しますね(もう、今日ですね・・・)!

P1030557.jpg
やりきれない報告ですが、
今日の夕方、オスカルとユリウスを連れ、病院へ行きました。
駐車場からの帰り道、とある家から仔猫の叫ぶような泣き声が聞こえました。
でも、どれだけ、探しても仔猫は見つかりません・・・・

P1030556.jpg
パパ「嫌だけど、その洗面器の中、見て!」

恐る恐る開けると、黒い物体が・・・・
思わず閉め、、取り急ぎ自宅に戻りました。

ジュジュのオシッコの時間がギリギリだったのと、
オスカルとユリウスを連れており、授乳時間を2時間も過ぎていたので・・・

バタバタと、オシッコと授乳と、太郎達のご飯とトイレの始末をしました。
その間も、夫婦でどうするか、悩みました。

パパ「仔猫が逃げたら困るからだよね!」
ジュジュのママ「よく見なかったけど、あのままだと窒息死だと思う・・・」
パパ「殺そうとしてるの・・・・?」
ジュジュのママ「・・・・・・・たぶん」
パパ「見なきゃ、良かった・・・・、どうする?見ちゃったんだよ!」
みたいな、会話を堂々巡りでしていました。

P1030558.jpg
結局、保護用の袋を持って、現場に戻りました。
洗面器を取ると、巾着袋と目の開いていない黒い仔猫。
全身ずぶ濡れで、もう泣き声も出してませんでした。
巾着も濡れて紐が締まっており、なかなか開けられませんでしたが、
開けると仔猫の死体・・・・1匹。

インターフォンを押したら、80歳過ぎ?のおばあちゃんが出てきました。

P1030559.jpg
一目見て、おばあちゃんを怒っても責めても、無駄な気がしました。

パパ「おばあちゃん、猫、貰っていくね!」
おばあちゃん「・・・・・・」
ジュジュのママ「お母さん猫は、どうしてるの?」
おばあちゃん「裏におるよ!」
ジュジュのママ「ご飯をあげてくれてるの?ちゃんとあげてね!」
おばあちゃん「わたしは、猫が好きじゃけん、朝と晩、ちゃんと、やりよるよ!」
パパ「仔猫が死んでしまうから、貰っていくよ!」
おばあちゃん「うん、ええよ!」

ばつの悪そうな顔をして、仔猫のことを言われると、困った顔して、
表情も会話も、少しボケが入った感じでした。

このおばあちゃんに、もしもの時、母猫のご飯は・・・?と思うと
気が重くなりますね。

P1030560.jpg
帰り道、また泣き出したので、助かるかも・・・と少し思いました。
帰って、落ち着いて見てみると、全身ずぶ濡れで体が冷たい・・・
あわてて保温し、ミルクを飲ましましたが、乳首をくわえますが、吸いません。

毛布でくるみ、ゆたぽんで保温すると毛は乾きましたが、
刺激もしていないのに、オシッコをもらし続けています・・・・。

ここからは、私の想像ですが、巾着に入れ、水に沈めたんだと思います。
巾着に入っていた仔は、多分、水死。

保護した仔は、水に入れられたけど、死に切れなかったのか?

猫が好きで、餌をあげているのに、乳飲み子は溺死させる・・・・
おばあちゃん、罪悪感があったから、ばつの悪そうな顔だったんでしょうね。

避妊・去勢の啓発活動が、やはり大事ですね。
餌をあげても、避妊・去勢はしない方が多すぎるのが、現状です。

P1030561.jpg
クロ猫ちゃんは、現在150gで、オスカルを保護したときより大きいです。
母猫と何日か暮らし、おばあちゃんに見つかってしまったのかな?

保温で体は温かくなり、頑張って生きようと小さい声でないてました。
ミルクは口元を湿らそうが、鼻につけようが、口を全く開かないので、
明日の朝まで、頑張ってくれたら、獣医さんにお願いしようと思っていました。

午後11時55分、力尽きてしまいました・・・・
最後に、ニャーとなき、仰向けになって、そのままでした。

この季節、保健所に持ち込まれるのも、溺死させられたり、遺棄されるのは、
ほんと可愛い仔猫たち・・・・

生後数日で殺されるために、生まれてきたの・・・?

クロ猫ちゃんも、必死で生きようと大きな声で泣き叫んだのに、
助けてあげられなくて、ごめんなさい。

クロ猫ちゃん、全身ずぶ濡れで、多分、いっぱい水も飲んでしまい、
オシッコが垂れ流しになっていたけど、必死で生きようとしてました。

明日、埋葬する予定です。
まだ性別も分からない小さい命でしたが、くろ猫ちゃんだと
可哀想なので、名前は「バンビちゃん」にしました。
バンビちゃんの写真は、3枚とも頑張っている時の写真です。

明日は、楽しいブログにしたいと思います。
コメントの返事は、明日しますね。


ちーちゃん、太郎、
オスカル、ユリウスは、里親さんを探しています。
詳細は下のアドレスに連絡してね。


yonyon_sukisuki☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてね)

お手数をかけますが、ポチッと
お願いします。


ブログランキング

じゃあ、またね!!